財布を落として、まず僕がしたこと

昨日、財布を落とした。

落としたことに気づいたのは、高田馬場駅のスタバの前。帰寮の関係で大量の荷物を手に西武新宿線東大和市駅から乗車。荷物が多すぎてイライラしていたので車内で少し荷物の整理をしていたところカバンから財布がポロリ。そこまでは覚えている。あとで拾おうと思っていたんだけどMacを取り出して違う記事を更新していたら忘れてしまったんだと思う。で、気づいてできる限りのことをした。

したこと

  1. 西武鉄道お客様センターに連絡
  2. (電車は西武新宿に到着後、本川越に折り返し運転をしていたため)本川越駅に車内の捜索依頼
  3. 警視庁に遺失物届けを提出

1つ目の西武鉄道お客様センターに電話したところ、「届いていない」という回答をいただいた。そこで「届いたら連絡してください。」とお願いしたら遺失物が多すぎてそこまでの対応ができないということ。う〜ん。あと次の本川越駅に連絡するっていうのもお客様センターの指示だけど普通はそこまでしてくれたって言い気がするけどね。まぁ落とした僕が悪いんだけどm(_ _)m

2つ目。本川越駅に捜索依頼を出したんだけど結局見つからず…。お忙しいのにありがとうございました。

3つ目。行きつけと言ったら変だけど顔馴染みの交番で警視庁のデーターベースをあたってもらったんだけど見当たらず。警視庁に遺失物届けを提出。交番にお電話をお借りし埼玉県警のデーターベースも見てもらうことに。残念ながらこちらにもありませんでした。

自分の頭をフル稼働させてできる限りのことをしたんだけど見つからず。絶望に打ちひしがれながら友達の家でゴロゴロしていたら、ふとあることを思い出した。

「そういえば高田馬場駅ってJRも通ってるじゃん!」大急ぎでJR東日本お問い合わせセンターに電話したところ財布の中に入っていた保険証と学生証で僕の名前がデータベースに登録されていたよう!東京駅に保管されているということなので大急ぎで電車に乗り込み東京駅へ!

財布が返ってきました。

さすがにGWなので多少待つことになりましたがちゃんと財布が返ってきました。でも全ての身分証が財布に入ってしまっていたので心配でしたが、そこはJR!臨機応変な対応をしていただきました!社員証でも大丈夫のようです。

もう二度と財布を落とすことのないようにしっかりとバックかポケットに入れて10分に一回はあるかどうか確認するようにしたいと思いました!ご心配をおかけし申し訳ありませんでした!

この記事を書いた人

幸田 良佑

東京在住型名古屋人。山梨県甲府市生まれ
2018年にTHE-MEDIA.jpを立ち上げ、編集長を務める。
貧困や教育格差、マイノリティなどの社会問題を中心に活動中。
趣味は散歩。社会学徒でありフィールドワーカー。
「こんな人たち」の一人。