さいきん考えていること

エッセイ

実家に帰ってきていていろんなことを考えるけれど、いやホントにずっと名古屋にいたら自分はどうなっちゃってたんだろうなって思うことがある。


本当に閉塞してこの年まで生きてたかどうかすら。
そういうネガティヴな記憶ばかりで故郷なり自分のアイデンティティの根源と言えるような場所、ものがないことに不安を感じることがある。
でもねなんかうっすらと感じるのは、そんなものはなくたっていいよって思う自分もいるんだな。
でもなんか心許ないんだよ。
だからどっか遠くに行こうと思う。
本籍の祖父は遠い昔に亡くなっているので祖母の故郷。
その場に行くだけでもなんか感じ取れるんじゃないかって。

なんだっていいんだけど最近そんなことを考えてます。