疑いを持ちすぎないように。

 どれだけ自分は本が読めるか、しゃべれるか、モノを考えられるか、能力があるか、ということを相対化すべきでない。「自己啓発本」的なるものはまさにそれを刺激する。自分が他人と比べてどうあるのか、という問いの誘惑に負けてはいけない。可能なことを可能な限りこなすに限る。

投稿者:

幸田 良佑

2003年、山梨県生まれ。TENOHASI(てのはし)の生活相談員。 自由学園卒。東洋大学社会学部(第二部)在学中。