「年賀状」

新入生全員に年賀状を出した。

住所録が今年度は各家庭に公開の確認が取れなかったようで今年は配布されなかったのだ。
コロナで収容人数を減らすために寮から出され通学することとなった新入生が多くいる。
寮で面倒だけども深くて濃い関わりに期待した新入生とその親。
残念な思い、先の見えない学校生活に不安を感じているのではないか、と。
こんなぼくから送られても、とは思うし、また送られてきたとして、返ってくるかはわからないけれど。

帰ってきたらやはりうれしい。

年賀状の表には一言書くことを目標にした。
大変かなと思ったけれどいざ書いてみると浮かんでくるものは言葉が頭に浮かんでくる。
一年一年節目ごとにその人に想いを馳せて言葉を選ぶ。
メールやLINEとは違う「ことば」が出てくる気がした。

投稿者:

幸田良佑

2003年、愛知県出身。TENOHASI(てのはし)の生活相談員。 自由学園卒。東洋大学社会学部(第二部)在学中。